Evernote・アプリケーションの活用

アクセスカウンタ

zoom RSS Evernoteの使い道

<<   作成日時 : 2012/09/11 00:21  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんわ Tooru です。

今回はEvernoteの使い道について説明していきます。

私が使っているものとしては・・・

@仕事の進捗状況を記録
A各種資料の保存(紙及びデータ)
B名刺管理
C写真(メモ書き・風景・書籍の表紙)
D日記

がメインとなります。
記録したものは、「名前」と「タグ付け」をして、あとから検索で抽出するのが基本となります。


少し話がずれますが、この「タグ付け」というのが大きなポイントとなります!

皆様は、書類やデータを保存するときに、「どちらの書類棚に保管するべきか?」「どちらのフォルダに入れておくべきか?」で悩んだことはありませんか?

例えば、「秋の箱根温泉へ家族旅行に行った記録(写真付き)。」を保管する場合に、秋の旅行 温泉旅行 家族旅行 想い出 など、複数の場所に記録する必要が生じることがあります。 

しかしながら、保管する資料をコピーして全ての場所に記録するのは不便ですし、いたずらに物で溢れてしまいます。

そこで、先ほどの「タグ付け」が威力を発揮するのです!

紙ベースであればスキャン、デジタルデータであればそのままEvernoteへ保存します。

Evernoteへ保存した「秋の箱根温泉へ家族旅行に行った記録(写真付き)。」に、次のタグを設定します。

秋の旅行、温泉旅行、家族旅行、想い出

あとは、必要な時に4つのどれかで検索すれば、Evernote内のどこにあってもこのファイルが引っぱりだせます。

今までのパソコンへの保管と決定的に違うのはこの「タグ付け」があるからです。

タグは1つのファイルに複数付けることが可能ですから、タグを付けてさえおけば、どこに保存していても検索で引っ張りだせるわけです。

紙ベースの保管ではこうは行きませんが、データをデジタル化さえしてしまえば「Evernoteの強み」が活かせますので、いかにデジタル化するかもポイントになるわけです。


話を戻します。


@に関しては、打ち合わせや会議録などもEvernoteで記録しています。

Aは日々溜まっていく資料をScanSnap1500でスキャンします。
 スキャンした資料は直接Evernoteへ取り込むことが可能です。
 名前やタグ付けもその場で可能なので、非常に便利です!

Bは、いただいた名刺をAと同様スキャンします。
 裏面まで自動的に読み込めるのでこちらも非常に便利です。

Cは、手書きのメモや、目の前の事象や、読んだ本の表紙などを撮影します。
 スキャナが近くに無い時はカメラ撮影が便利です!
 撮影には「EverSnap」という、Evernote専用のカメラアプリを使用し、撮影と同時にEvernoteへ記録出来るようにしています。
 ※読んだ本の表紙は、書評用に記録しています。書評については、リンク「社会人10年生勉強・読書」をご覧ください。

Dは、「FastEver」というアプリを使い記録しています。起動も公式アプリより早く、余計な物がなくキメ細かい操作感が売りです。


いかがでしょうか?
他にも、食べた物を記録したり、設定集を記録したり、取り扱い説明書を記録したりと、使い方は様々です。
どのように使っても共通して言えることは・・・

ほぼ全てをEvernoteに記録することで、身の回りが整理整頓され、「物理的に余裕が出る」こと。
協力な「タグ・検索・抽出機能」により、「記憶しておく」「探す」というストレスを解放し、「精神的に余裕が出る」こと。

以上が叶えられることで、より創造的な仕事や生き方が出来ると思っております。

上手く象を乗りこなして、一緒にハッピーライフを目指しましょう!

Evernoteの使い道でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Evernoteの使い道 Evernote・アプリケーションの活用/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる